「コロナ狂歌百人一首」第243巻 きまぐれ臨時号

2022/03/25



「コロナ狂歌百人一首」第243巻
気まぐれで半年ぶりの掲載
今回は次の13首です












かつて熱烈なコロナ狂歌ファンだった皆さま
大変お待たせしました
といっても再開したわけではありません
昨年9月29日に中断してから約半年間に
少しずつ溜まった投稿を臨時に掲載します
この半年を思い起こしながらご覧ください












「コロナ狂歌」が毎日の楽しみだった、張り合いが
なくなった、というメッセージもいただきました







某国はタリバンが政権をとりました
伝統文化を次々に破壊し女性が迫害されています







そういえばわが国でも政権与党の総裁選があり
野党も加わって激しい論戦が繰り広げられました







農作業などで自然に触れる充実した
リタイア生活が目に浮かびます







初投稿の「反ワク」さん
ご投稿からずいぶん長らくお待たせしました







佛の顔は三度までと覚悟して四度目に挑んだら
また何とか生かしていただいた・・・







「死にぞこない」と退院祝メールをくれた友人に
我は「くそ爺」と自虐でボケてみただけの歌です







高齢者は罹りにくいが罹れば重症化しやすいとか
まさにこの歌の通りかと大いに共感できます







隣国に対し厳しく批判してこられた「史郎」さん
確かな知識と人脈があってのことでした







郷ひろみファンかどうかは別として
自然にその歌詞が頭に浮かんだことでしょう







「密だ」「手洗いは?」「マスクは?」なんぞ
この事態ではとても言えません







あの上司やあの理事長やその取り巻きの忠実な
犬連中によく似た人たちもよく見かけます







つける薬はないやろか?
はやく作ってほしい












今回で通算2146首の掲載となりました
都合によりこれにて再び休載にします
投稿ページはそのままにしてありますので
面白い自信作があればご投稿ください
プールしておき、適宜掲載する予定です



またの機会をお楽しみに

PAGE TOP