「コロナ川柳」(第20回)

2020/05/12




コロナ川柳第20回目をお届けします



今回は落語オタク川柳
若手噺家春風亭弁橋さんを笑わせよう大会
第1回目の18句です




お題は「コロナ」です







例示句1
竹さんが天麩羅屋やめ新聞屋 熊さん






例示句2
粗座布団枕にご隠居退屈す 八っつあん






例示句3
誰も来ず霊岸島の叔父も暇 半七






№1
藪入りも帰ってクルナと親父言い 亀吉






№2
大家さんお山止められ花見さけ 戸なし長屋






№3
お茶けでもいいから花見がしてみたい 今月と来月の月番






№4
コロナ禍でまんだらたちもマスク材 用心棒






№5
近ごろは小間物屋でもマスク売り みー坊






№6
井戸の中二枚じゃ足らぬの声がする お菊






№7
子狸や化けておくれよ白マスク 権平






№8
長丁場もう退屈で尻尾だし 山の狸






№9
あるじ留守ドガチャカやって皆陽性 奉公人






№10
ぬしゃコロナ?まずはおあがり葛根湯 デモシカ医者






№11
なった~なった~当家に籠るのやになった~ 松五郎竹蔵梅吉






№12
「船はやだ~」だだをこねてる道楽もん 徳さん






№13
『三十石』みんなまとめてクラスター 喜六清八






№14
髪結いの客減り亭主の飯づくり お崎さん






№15
幸兵衛が六尺離れて小言言い 仕立屋








以上落語通には面白い、でも弁橋さんは手強いぞ
という落語オタク向けコロナ川柳でした
入賞すると弁橋の会で前座出演ができます

入選発表は予選がすべて終わってから


*基本的にはいただいた原文のままとしました
*ご応募の受付はもう少し続けます
*従来のコロナ川柳もまだまだ続いています




また次回をお楽しみに

Stayhome!


 

PAGE TOP