• トップ
  • お知らせ
  • 6月7日(日)のラジオNIKKEI「寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から」は春風亭柏枝師匠が登場します

6月7日(日)のラジオNIKKEI「寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から」は春風亭柏枝師匠が登場します

2020/06/04

6月7日(日)放送予定
ラジオNIKKEI「寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から」
の放送予定をお知らせします。

『柳橋の二言三言』


6月7日は計量記念日です。計量制度に関連したあれこれをお話しいたします。

『本日の一席』

今回は「春風亭柏枝「師匠の『胴乱幸助(どうらんこうすけ)』をお楽しみください。この噺は、元々は上方落語ですが、先代桂小南師匠が東京に移しました。今の落語芸術協会の師匠方の胴乱幸助はこの流れがほとんどかと思われ、柏枝師匠も当代小南師匠からのものです。一昨昨年5月の阿佐ヶ谷あにめ座寄席(現笑いすぎなみ寄席)特別公演での収録です。





『SAM-1ピックアップ』

初登場、長野県の「まつかわ落語会かぜまんだら」所属の「山家亭神出(やまがていじんで)さんの『ぞろぞろ』をご紹介します。大病を乗り越えての高座復帰とのことです。コロナ騒ぎが本格化直前の今年2月、JAグリーン長野新春きずな寄席に立ち見が出るほどの300人のお客様を前にした収録です。




PAGE TOP