第9回「せきしょ寄席」を収録しました!

2020/10/18



令和2年10月17日(土)
久しぶりに開催された「第9回せきしょ寄席」
はこのコロナ禍で万全を期しての開催でした
その様子を収録しました


当初は「北国街道関川の関所」の役宅座敷の
庭に広がる風光明媚な芝生広場で行う予定でしたが
妙高山に初冠雪のあいにくの天候となったため
近くの「関川公民館ホール」に会場を移しました



初冠雪の妙高山
寒い一日となりました




アルコール消毒・検温・マスク・換気・空気清浄機・座席間隔万全の会場
会場内には各所に生け花が飾られ久しぶりのイベントが華やかに




開会挨拶は「関川の関所道の歴史館」清水館長
苦労してこのイベントを開催にこぎつけた総監督です




出演者自己紹介
 




【第1部 社会人落語名人会】








落語『平林』
伊那出身・柳家喬太郎師匠命名の
「忠孫亭信修」さん








落語『猿後家』
大町出身・長野県の有名人
「信濃家中蔵」さん








『親子酒』
直江津出身・出囃子「直江津小唄」の
「呑気亭八べえ」さん




= お仲入り =




【第2部 演芸名人会】








『浪花節だよ人生は』
『瀬戸の花嫁』
新潟県の歌姫・柏崎出身・特別出演の
「広田奈緒」さん








『青いダイヤモンド』
『雪椿』
『ありがとう感謝』
妙高高原出身在住・本日のテーマ熊坂長範の姿で唄う
「高島敏光」さん








講談『熊坂長範一代記・荘園騒動外伝/義賊の由来』
妙高高原出身・創作講談根多おろしの
「金令舎十八」さん







西条八十作詞、古賀政男作曲『妙高高原音頭』
地元有志20人の美女連
マスクで誰が誰だかわからない




終演後の出演者さん
撮影の一瞬だけマスクを外して息を止めた!




「根多帳」




会場変更のチラシ



この日収録した落語・講談については
ラジオNIKKEI「寄席あぷり~笑いすぎなみ寄席から」
で順次放送する予定です
放送をお楽しみに!

PAGE TOP