コロナ川柳 第228回

2021/07/23



「コロナ川柳」第228回目
今回は次の20句です








































五波算で願いましては万延也
そろばん塾



















五輪衆又も引きたりビンボくじ
朋少納言



















合言葉ディスタンスとは何ざんす!
朋少納言



















開会は線香花火よろしかろ
さすがスガ



















客なくも只管増えるカンセン者
三大中



















無観客でもカンセンシャとは如何に
ちき笑



















マスコミの振り付けで舞う世迷い人
月子



















熱と狂 転落し行く日本酷
束屋治門



















もう失せた五輪批判のエネルギー
まめ子



















一年を15日で過ごすずる男
桜木聖



















大相撲樽たが緩みダルダルに
雨だれ



















横綱の風下に置け白鵬は
史郎



















照ノ富士歩め相撲道(どう)の道(みち)
史郎



















軍艦島尽きぬ韓国自虐趣味
史郎



















韓国にふさわし最低国待遇
史郎



















【回文川柳】
サクラ多く来ていて木久扇楽さ
安藤鶴太郎



















【回文川柳】
罠の神酒避けて来て今朝君の名は
起津辛芽



















【回文川柳】
無地タイツのチケトけちの付いたジム
三大中



















【回文川柳】
太鼓の音やしろ広しや十の子いた
束屋治門



















【回文川柳】
バレ噺夜呑みノルよしなはれば
破礼亭志迷





































【お願い】
回文川柳は、今後、コロナ・時候・時事・五輪を
題材としたものだけに限ることとします

それ以外は勝手ながらボツとしますので
ご了承ください




また次回をお楽しみに!

PAGE TOP